0467-45-3335
神奈川県鎌倉市大船1-23-31 浜田ビル3F
JR・湘南モノレール大船駅東口より徒歩3分
鎌倉市大船駅前 まつむらファミリークリニック

新年のご挨拶、昨年および今年の活動について

 あけましておめでとうございます。
 前院長より引き継ぎをして4年目となり、『まつむらファミリークリニック』と名称が変更してから2年が経過しました。かかりつけ医の専門として幅広く診療が行えるように家庭医と名乗り、診療を行なって参りました。日々の診療が忙しいですが、興味のあった医学という分野の勉強をして実際に外来でそのお話をすることができる医者という職業になることができてとてもありがたいです。
 早稲田大学時代および卒業してしばらく法律や経済、数学の勉強をしておりましたが、最近その当時の知識を生かして医療分野以外にもできることが増えてきました。梨農家の家に生まれ、農村で育ち、2回大学を卒業し、大学生時代もほぼ毎日バイトと面白そうなことになるべくチャレンジをして遠回りをして医者になりましたが、今はそのいろんな経験を生かして日々の診療にあたっております。
 以前行なっていた趣味のスノーボードも再開し、あらたに2級船舶の免許をとり、医学だけに偏った人生にならないように適度な休息もとれるようになりました。今年は予定があえば鎌倉検定の2級にチャレンジしたいと考えています。
実習・研修の受け入れについて
 実習や研修を広く受け入れておりますが、医学生や若手の医師は大きい病院や沢山医師がいるクリニックで実習や研修をすることが多く、当院のような一人で行なっている小さなクリニックに研修に来てくれることは珍しく、私自身貴重な経験をさせてもらっています。今年も患者さんの診療見学や介助をしてもらうこともありますが、後進の先生方の勉強のためにも今後ともご協力ください。
ヤブ医者と呼ばれないために・・・
 家庭医として幅広い分野の最新の情報を網羅して診療に活かすために専門医研修時代の同期の先生と毎月インターネットを使った勉強会も継続し、ヤブ医者と言われないように日々努力しております。
 また、学会などで他の医師を対象とした講義を行ったり、学会で発表を行ったり、後輩の先生の学会発表を手伝うことで最新の医学情報を適宜調べて知識のアップデートを行い、古い知識にならないように頑張っています。
 さらに、産婦人科として働いていたクリニックで行なっていた美容についての診療も開始し、自分の目の下のクマがひどいのでIPLという機械を導入して、毎月自分の治療も行なっています。
 なるべく多くの患者さんの健康に関する問題に対応できるように努めて参りますので、今後ともよろしくお願いいたします。
2019年の活動内容
具体的に当院の昨年度の院外活動および今年度の予定についてお知らせします。
学会発表
 ・当院で半年間研修してくれた湘南鎌倉総合病院の熊谷先生と私がそれぞれ京都の国際学会で家族関係図や家庭医の役割について英語による口頭発表
 ・週1日研修に来てくれた湘南鎌倉総合病院の名嘉先生は筑波の地方会で神経性やせ症についてポスター発表
院外の講師
 ・しばらくの間、夏に熊本大学医学部の医学生向けの外部講師として講義を行なっていたが、昨年から終了

・プライマリケア学会の秋期セミナーで労働法と財務諸表の見方について中堅〜ベテランの先生向けの講義

 ・湘南鎌倉総合病院の総合診療科の先生向けにメンタルヘルスケアに関する講義
2020年の活動予定
 ・1月に慶應大学医学部の医学生5年生の院外実習受け入れ
 ・3月に慶應大学医学部の医学生3年生の院外実習受け入れ
 ・8月に帝京大学医学部の医学生の院外実習受け入れ
 ・詳細はまだ決まっておりませんが、湘南鎌倉総合病院の総合診療科の先生の後期研修(専門医をとるための研修でいわゆるテレビで言われている『研修医』ではなく、ある程度一人前の先生です)を半年間受け入れ
学会活動
 ・2月8日に学会の冬期セミナーで湘南鎌倉総合病院熊谷先生と一緒に初期研修医(いわゆるテレビで言う『研修医』です)と後期研修医を対象としたCOPCという地域医療に関する講義
 ・早稲田時代の友人の弁護士と一緒にベテランの先生対象とした医療に関する法律の講義