0467-45-3335
神奈川県鎌倉市大船1-23-31 浜田ビル3F
JR・湘南モノレール大船駅東口より徒歩3分
鎌倉市大船駅前 まつむらファミリークリニック

ヘルスメンテナンス

ヘルスメンテナンスって?

例えば・・・
50歳男性は健診として何の検査が必要でしょうか?健康で長生きをするために検査以外に必要な事はなんでしょうか?

ヘルスメンテナンスとは『病気にならないための予防、健康増進、健康維持を行う事』です。
病気になってしまってお薬を飲んで普段の状態になるのは『治療』ですが、健康な時に健康を貯金することが『ヘルスメンテナンス』と思っていただければその理解で大きく外れていません。

当院では鎌倉市の健診(健康状態をチェックする場合)・検診(がんの有無をチェックする場合)、ワクチン接種などを積極的に行っております。
それ以外でも年齢や性別に応じて推奨される事があり、かかりつけの患者さんに適宜指導も行っています。

ヘルスメンテナンスは4つの柱

①スクリーニング②予防接種③予防的薬剤治療④カウンセリング

①スクリーニングについて

ただ単に検査をすれば良いというわけではありません。

年齢や性別、置かれた状況で必要な検査やその検査を行う頻度、いつまで行った方が良いのかなどの推奨があります。検査には偽陽性(本当は病気ではないのに病気と判定されてしまう)や、偽陰性(本当は病気なのに病気ではないと判定されてしまう)というリスクと検査の費用、検査自体のリスク(針を刺す検査では出血など)を勘案して費用対効果に優れ、早期の検査により発見する事で治療が可能な病気である事が重要です。

推奨については過去の研究などをもとにアメリカでは米国予防医療専門委員会(uspstf(https://www.uspreventiveservicestaskforce.org/)のrecommendations)や日本では科学的根拠に基づくがん検診(http://canscreen.ncc.go.jp/)などで調べる事ができます。英語が得意であればAHRQ ePSSという携帯用アプリで年齢や性別、喫煙の有無、性生活の有無などで推奨一覧が確認できます。

②予防接種について

予防接種については副反応(予防接種を打つ事で生じた発熱などの症状)などのデメリットが強調されて接種をを希望しない方がいますが、小児の髄膜炎などに対して有効である事などがわかっています。現在推奨されている予防接種についてはメリットとデメリットを検討してメリットが上回ると考えられています。ただし、年齢や性別、抱えている病気や妊娠中かどうかなどで推奨内容は異なります。

小児では日本小児科学会の推奨(https://www.jpeds.or.jp/uploads/files/vaccine_schedule.pdf 2017年3月現在)や成人の推奨(日本では個別の推奨はあるが一覧表はなく、米国では(https://www.cdc.gov/vaccines/schedules/downloads/adult/adult-combined-schedule.pdf)があります。

65歳以上の肺炎球菌ワクチンの推奨などが最近有名ですね!

③予防的薬剤治療について

糖尿病患者さんの心血管イベント(脳梗塞や心筋梗塞など)の予防としてのアスピリンという薬を処方する事がこれにあたります。ただし、すべての人に当てはまるわけではなく、患者さん毎の個別の検討が必要なため(脳出血などのリスクが上昇してしまうかもしれない)、医師との相談が必須です。

④カウンセリングについて

肥満や飲酒・喫煙などが様々な病気の原因となっている事が知られています。当院では医師による食事内容指導、禁煙外来などを行っております。